任意売却後にも住み続けるために│滞納後も住み続ける

任意売却後にも住み続けるために

住宅ローンで購入したマイホームに愛着があるのは当然だとは思いますが、ローンの返済ができなくなってしまったのではそんな愛着あるマイホームに住むこともできなくなってしまいます。

 

 

返済ができなくなれば競売か任意売却によって物件を売ることになりますが、条件的に良いのは任意売却ですからこれを利用する方が多いでしょう。任意売却で第三者の手に物件が渡れば当然それ以降は住むことはできなくなってしまいます。しかし実はそれでも住み続ける方法はあるのです。

 

任意売却後も住み続けるには二つの方法があります。一つは家族や親族、あるいは知人、友人に買ってもらうという方法、もう一つはリースバックという方法です。

 

信頼できる家族や親族、知人がいる場合であればその人に物件を購入してもらうことで第三者の手に渡ることを防ぐことができます。もちろんその後はその人に対して返済をしていくことになりますが、また資金ができればその人から買い戻すこともできるわけです。ただ買い戻しについては事前にちゃんと決めておかないとトラブルになることも少なくありません。

 

もう一つのリースバックは業社に買い取ってもらってその後は賃貸という形で住み続けるという方法です。この方法の場合もまた資金ができれば優先的に買い戻すことができます。