任意売却後もそのまま住める│滞納後も住み続ける

任意売却後もそのまま住める

通常であれば任意売却をした不動産というのは赤の他人の手に渡るわけですから、契約が成立すれば引越しをしなくてはいけません。つまりはもうマイホームではなくなるわけですからそのまま住み続けることはできません。

 

 

しかし、方法次第では任意売却後もそのまま住める可能性はあります。そのための方法としては主に二種類の方法があります。どちらの方法にしても誰でも簡単にできるというものではありませんが、なんとか住み続けたい、あるいはいつかまた自分の物にしたいという方にはオススメの方法です。

 

一つはリースバックという方法。これは第三者に不動産は売却するものの、その後は賃貸住宅として借りて住むというものです。任意売却後は毎月賃料を支払って住むことができ、また経済的に回復した場合は優先的に買い戻すことができます。ただしこの方法の場合は毎月賃料を支払えるだけの安定収入が必要となります。

 

もう一つの方法は親族や友人に不動産を買い取ってもらって住み続けるという方法です。買い取ってもらった後はその親族や知人に対して返済を行うことになります。この方法もまた経済的に回復すれば買い戻しを行い、マイホームとして取り戻すことが可能です。