任意売却が必要な人はどのような人でしょうか?

任意売却が必要な人はどのような人??

任意売却が必要な人はどのような人でしょうか。

 

住宅ローンを滞納し続けていれば、

 

不動産はいずれ競売にかかります。

 

しかし、ここで競売の道を選ばず、

 

任意売却という道を選ぶこともできます。

 

あえて任意売却を選ぶのは、

 

どのような必要性からなのでしょうか。

 

売却後、少しでも残債務を減らしたいという人は、

 

任意売却を選びましょう。

 

任意売却は競売に比べて高く売れる傾向があります。

 

売れた金額を充てて債務を減らすのですから、

 

少しでも高く売れた方がいいはずです。

任意売却のメリットをうまく利用したい人

競売にかけられているということを周囲に知られたくない人は、

 

任意売却を選びましょう。

 

競売にかけられると不動産登記簿に

 

その旨の記載がなされてしまいます。

 

不動産登記簿謄本は誰でも取得できますので、

 

その記載があることによって知られてしまいます。

 

また、物件調査のために裁判所から

 

派遣された専門員が来ます。

 

周囲をうろうろしたり家を出入りしているところから

 

「何かあったのかな」と周囲に勘ぐられます。

 

このように、任意売却のメリットをうまく利用したい人というのが、

 

任意売却が必要な人ということになります。