元夫が住宅ローンを滞納した

債権者から即請求される

元夫が住宅ローンを滞納した場合に自分(元妻)への影響は何かあるのでしょうか。

 

銀行や保証会社との契約で、元夫が主債務者となっていることが多くのケースであると思いますが、その際に自分が連帯保証人になっていたり、夫婦で連帯債務者として名前を連ねていたりすることがあります。

 

そのような契約になっていた場合、結論から言いますと、債権者から即請求されることを免れません。

 

債権回収の手段を取る

連帯保証人でも連帯債務者でも、債権者である銀行または保証会社から見れば、元夫も元妻も立場に変わりはなく、いつでも請求することができます。

 

「元夫の方が、収入がいいのだから、そっちから請求してよ!」とか「元夫がそこに住んでいるのだから、住んでいる人に請求するのが筋でしょ!」などという理由は通用しません。

 

債権者は何の法的障害も無く、請求行為をすることができます。

 

裁判になっても負けるのがオチです。

 

また、債権者としては、不動産を競売にかけようが、任意売却に応じようが、給料を差し押さえようが、どのような債権回収の手段を取ることも自由です。

 

とはいえ、債権者としても任意売却に応じる方がメリットが高いというケースがほとんどかと思いますので、任意売却に進むように不動産会社等を使ってうまく誘導していくことが賢明かとお思います。