任意売却でも買い戻しで住み続ける│滞納後も住み続ける

任意売却でも買い戻しで住み続ける

マイホームをどうしても手放さなければならないという状況でも、長年住んだ家をそう簡単に手放せないというのは誰もが思うことだと思います。引越しにはお金も労力もかかりますし、お年寄りや小さな子供がいると何かと大変です。店舗をやっているような物件なら収入にも大きく響くこととなってしまいます。

 

 

ローン返済ができなくなれば任意売却という方法で手放すケースがありますが、引っ越さずにどうしてもそのまま住みたいということであれば、任意売却でも買い戻しで住み続けるという方法があります。

 

買い戻しというのは自分の親や子供、兄弟や親族あるいは親しい友人、知人に自宅を購入してもらうという方法です。買い取ってもらった直後は毎月その親族や知人に返済を行い、また経済状況が良好になれば物件を買い戻すという方法です。

 

この方法であれば全くしらない人に物件を売り払うことなくそのまま住み続けることができますし、いづれはまた自分の物にすることもできるわけです。買い取ってもらうのが親や子であれば買い戻すというのは必要がないかもしれません。

 

ただこの買い戻しという方法は非常にトラブルが多いということでも知られています。しっかりと話し合いをし、信頼出来る相手を選ぶことが大事になります。