滞納 住み続ける

住宅ローンを払えずない状態でも、自宅に住み続ける方法について考えてみます

住宅ローンの返済が滞ってしまい、銀行から督促状が届いたり、代位弁済通知書、競売開始決定通知が届いている場合でも、自宅に住み続ける方法があります。

 

それはリースバックという方法です。

 

 

親や親戚に自宅を最安値で購入してもらい、その購入してくれた人に対して家賃を支払うという方法です。
身内には頼みづらいという方は多いですが、うまくやれば身内の方の資産運用にもなるため、十分検討に値する方法だと思います。

 

また、身内ではなくリースバック物件に興味のある投資家にお願いするという手もあります。
投資家からすれば市場よりも安めの金額で購入することができて、入居者もついています。

 

 

この家に愛着を持っている住人なので、見ず知らずの人に貸すよりも安心できます。
そして、入居者が再起することができれば、その家を買い戻してくれる可能性もあるのです。

 

任意売却の専門業者のなかには、そういった投資家とのネットワークを持っているところがあります。
できるだけ、自宅を手放したくないという方は、是非一度相談してみることをお勧めします。

 

信頼できる任意売却業者の選び方

http://hawaii-coffee.com/ninibaikyaku10.html

更新履歴